• ホーム
  • 試合結果
  • チーム紹介
  • メンバー紹介
  • チームスケジュール
  • インタビュー
  • ギャラリー
  • ファンクラブ

2016/17 / FIVB世界クラブ女子選手権大会 5-6位決定戦

大会期間: 平成28年10月23日(日)10:00~(現地時間)
開催場所: フィリピン・ Mall of Asia Arena
久光製薬スプリングス VS Rexona-Sesc(ブラジル)
Springs 2 25-20 3
22-25
15-25
32-30
7-15

【スターティングメンバー】中大路、石井、岩坂、長岡、新鍋、マヤ、筒井

【途中出場】古藤、栄、水田、石橋、野本、森谷、戸江

【レポーター】帯川 きよら

1セット目

世界クラブ最終戦、5・6位決定戦の相手はブラジルのRexonaです
今日もリサさんの華麗なるスパイクのコース打ちとブロックアウトが光り3-3
リバウンドやディグで久光も粘りますが相手のスパイクが決まり3-7
ここで久光が1回目のタイムアウトです
ミユさんのバックアタックで5-8
長いラリーをユキさんが決め6-8
久光全員で繋ぎます!
また相手ミスが続き9-9と同点に追いつきます
ミユさんの刺さるような鋭いインナーへのスパイクで10-11
サヤさんのナイスレシーブ!ナナさんのナイスブロックで12-12
ミユさんのサーブが決まり14-13
さらにマヤのワンレッグやリサさんのサーブポイントで17-14と中盤Rexonaを押し
相手1回目タイウムアウトです
ナナさんが相手エースのスパイクをブロックし20-15
相手2回目のタイムアウトをとりました
タイムあけ、ナナさんのBクイックが決まり23-10
最後は相手ミスが続き25-20で1セット目をとりました!

2セット目

最初の1点はユキさんのブロックアウト!
リサさんが相手の高いブロックを抜き4-3
さらに長いラリーもリサさんのスパイクポイントで4-4
ミユさん今日2本目のサーブポイントで5-4
6-4で相手タイムアウトです
タイムあけ、相手に追いつかれますがマヤのワンレッグで7-6
ミユさんのバックアタックが続き9-8
13-13、一進一退の攻防が続く中でアスさん・リカさんが2枚替えでコートイン
一気にいきたいところですが13-17と相手にリードを許し久光タイムアウトです
タイムあけ、リカさんのスパイクで14-17と返します
相手になおも得点を許し14-19
久光2回目のタイムアウトです
またしてもタイムあけ、リカさんのスパイクポイントで15-19
ナナさんがネット際で押し込み16-19
さらにマヤのサーブポイントで17-19と追いあげ、相手がタイムアウトをとります
相手スパイクを何度もブロックでふさぎ最後にリカさんがスパイクで決め18-21
ミユさん・アヤノさんが2枚替えで戻ります
サヤさんのナイスレシーブなど久光がとにかく粘り21-22と差を縮めます
22-24でテルさんがサーブでコートイン
しかし、最後は相手のブロックポイントで22-25
2セット目はRexonaがとりました

3セット目

ナナさんがBクイックでブロックアウトをとり1-1
リサさんの巧みなインナーへのコース打ちで2-4
マヤのブロックで5-6
さらにマヤがスパイクを決めて6-7と一進一退の攻防が続きます
しかし10-14と離されたところで久光1回目のタイムアウトです
ミユさんがバックアタックを決め12-16
相手のブロックポイントや久光のミスで13-19となかなか点差が縮まらず、久光2回目のタイムアウトです
タイムあけ、ユキさんに代わってリカさんがコートに入ります
リカさんがサーブレシーブからスパイクを決めて14-21
ナナさんがワンレッグを決めて15-22
久光流れをつかみたいところですが相手のブロックポイントなどでつかめず
15-25で3セット目もRexonaがとりました

4セット目

このセットをとって次に繋げるぞ!
スタートは相手にブロックつかまりますがユキさんが抜いて決めて1-3
ミユさんもストレートから抜いて2-4
ミユさんバックからもスパイクを決めて4-6と粘ります
ユキさんがスパイクと相手セッターのツーを抑えて6-8
ユキさんこのセットスパイクを決め続けて8-10
前衛にあがったリサさんもスパイクを決めて9-11
久光いっきに追いつきたいところですが相手のスパイクポイントやミスで11-15と離され1回目のタイムアウトをとりました
タイムあけリサさんが相手の高いブロックを利用してブロックアウトを取り12-15
マヤのナイスサーブから相手を崩しユキさんがレフトからストレートに鋭いスパイクを決め15-17
相手1回目のタイムアウトです
タイムあけ、マヤのサービスエース!
16-17と攻め寄りますが相手も負けじと攻め16-19
久光2回目のタイムアウトです
タイムあけ、ユキさんがスパイクとブロックを決め19-19と追いつきます
ここで相手が2回目のタイムアウトです
ナナさんが相手コートにクイックをたたきつけ20-21
リサさんのスパイクポイントで21-22
ナナさんに代わってテルさんがコートイン
リサさんのナイスブロック!!で23-23
アスさん・リカさんが2枚替えでコートイン
しかし相手にスパイクを決められミユさん・アヤノさん戻ります
リサさんがブロックアウトをとり24-24
会場の盛り上がりが最高潮に達します!
ユキさんのブロックアウトで25-25
さらにもう1本決めて26-26と踏ん張ります!
ミユさんスパイク決めて27-27
28-28、両者一歩も譲りません
すごいラリー!サヤさんナイスレシーブです!
リサさんが決めて29-29
ユキさんが丁寧にパスを返しリサさんがまた決めて30-30
サーブでもリサさんが魅せ31-30
初めてのセットポイント!
最後はユキさんがブロックアウトをとり32-30
久光、激闘の末、4セット目をとりました!

5セット目

泣いても笑っても最後のセット、全員で勝つぞ!
コートサイドも戦っています!
このセットもユキさんのナイススパイクで久光1点目をとります
リサさんも続いてスパイクポイントで3-2
3-5と相手にリードを許し、久光タイムアウトです
相手の高いブロックに3-8と点差を広げられ、久光2回目のタイムアウトです
まだまだこれから!!!粘りと繋ぎで追いつきたい!
タイムあけ、ミユさんが気合でスパイクを決めきり4-8
リサさんがブロックアウトで5-8
ここでアスさん・リカさんがコートイン
アスさんナイスディグ!すごいラリーが続きます!
どちらもすごい集中力です!
5-13、何とか1点とって、続きたいです
しかし最後は相手にリードを許したまま7-15
5セット目をRexonaがとり、2-3で負けました

試合を終えて

世界クラブ最終戦
勝って1つでも上の順位を持ち帰りたかったですが、負けてしまいました
フルセットまでいきましたが、5セット目はなかなか点差を縮めることができませんでした
高いブロックを利用してのブロックアウトでの点数のとり方や
相手の攻撃に対してのディグなど精度は上がってきていましたが
それを試合を通して継続させることが難しかったように思います。

世界クラブ期間中、たくさんの応援をいただきまして
ありがとうございました。

日本に帰国後、すぐにV・プレミアリーグ開幕となります
またいつも応援してくださる皆様に楽しんでいただけるような試合を目指し
そしてひとつずつ、勝利を目指し頑張りますので、応援よろしくお願いいたします