• ホーム
  • 試合結果
  • チーム紹介
  • メンバー紹介
  • チームスケジュール
  • インタビュー
  • ギャラリー
  • ファンクラブ

2017/18 / 第72回国民体育大会 準決勝

大会期間: 2017.10.8(日)13:30~
開催場所: 愛媛県 伊方スポーツセンター
久光製薬スプリングス VS 滋賀県
Springs 3 29-27 0 滋賀県
25-17
25-20

【スターティングメンバー】栄・森谷・今村・帯川・浮島・加藤・L)戸江

【途中出場】古藤・座安・筒井・田浦・濵松

【レポーター】平谷 梢

1セット目

序盤から自チームの流れを作ることができ、今村・加藤の両エースがチームを引っ張る。森谷のスパイクで8-4とするが、ここから連続失点が続き、8-7と点差を縮められる。
帯川のブロックポイントで11-7、浮島のスパイクポイントで12-10。
中盤はリードを許してしまうが、今村がスパイクで立て続けにポイントを決め、その差をすぐに1点差まで縮める。森谷のスパイクポイントで19-19、滋賀(東レアローズ)のタイムアウト。
タイム明け、滋賀に走られ先にマッチポイント。この極限の中で、加藤・浮島がスパイクポイントを取り、更に加藤のサーブポイント!最後は、今村が2本スパイクを決め、1セット目のゲームにピリオドをうった。29-27。

2セット目

初盤は、浮島・森谷のローテでポイントを重ね、5-3。
帯川のダイレクトが決まり11-7と大きくリードする。全員で攻撃を仕掛け、1点ずつ確実にポイントとへ繋げる。
中盤も加藤の勢いが止まらない。2連続スパイク得点で、19-12。
終盤、今村・浮島が次々にポイントを取り、最後は25-17で2セット目も取った。

3セット目

気の抜けない3セット目。
栄のトスワークで全員が攻撃に参加する。接戦が続くが、加藤・今村を中心に得点を取り続け、15-11。
相手のタイムアウト後も流れを切ることなく、森谷のスパイクポイントから、帯川のブロックポイント。浮島の2本のスパイクポイントで流れを掴み、終盤も相手を苦しめる。
帯川の意地のプレーが得点に繋がり、最後は森谷の弾丸スパイクポイント!!25-20で決勝進出の切符を掴んだ。

試合を終えて

本日も御声援ありがとうございました。
いよいよ決勝戦を迎えます。
アジアクラブやサマーリーグなどで感じた悔しさを明日の力にし、この夏合宿の成果をしっかり出せるよう頑張ります。
明日は埼玉県(上尾メディックス)との試合です。
明日もご声援よろしくお願いいたします!!