トピックス

石井優希 FIVBワールドカップバレーボール2019直前インタビュー

いよいよ9/14(土)より全国8都市で、
FIVBワールドカップバレーボール2019が開催されます。
久光製薬スプリングスからは、石井選手、新鍋選手、岩坂選手の3名が選出!!!

ワールドカップ直前インタビュー第1弾として、石井選手のインタビューコメントをお届けします。

【石井優希選手 コメント】

久光製薬スプリングスでも試合に出続けるチャンスをもらって、日本代表でも在籍年数を重ねたプライド。それはずっと、心の中に持ち続けてきました。スタートから出られなかったり、いい時ばかりではありませんでしたが、今季は日本代表でもシーズンを通して試合に出るチャンスが与えられ、少しずつ安定したプレーができている自信を得られたので、ワールドカップでも自分の良さをアピールしたいです。
世界もどんどん進化して、以前は海外のチームは高さやパワーがあるけれどその分粗いイメージがあったのですが、今は組織としてしっかりしてきて、本来日本がやらなければならないような粘りのバレーを展開します。じゃあそこで日本はどう勝つの? といわれたら、やはり粘り。体力勝負の面も大きいと思うので、相手より粘り負けずにラリーを続けること、割り切る時は割り切って、迷いを持たずにチームとしての約束事を徹底することが大切だと思っています。
チーム内の競争も激しく、同じポジションにも(黒後)愛や(古賀)紗理那のように攻撃面で優れた選手がたくさんいます。その中で自分をアピールするためには、点数を取るのも大事だけれど、守備面で貢献することも私に課せられた役割だと思っているので、どんな時も好不調の波を減らして、安定感のある、バランスの取れた存在でありたい。
リオ五輪も出場することができましたが、今思えば「オリンピック」の意味や重さを全然理解していなくて、覚悟が足りませんでした。だからああいう結果(リオ五輪ベスト8)になってしまったと思うし、その悔しさが自分を成長させてくれています。東京オリンピックで同じような後悔は絶対にしたくないので、国を背負う重みを噛みしめながら戦いたいです。
そのためにも、やはりワールドカップは大切です。他国はオリンピックに出場するために最終予選がありますが、私たちはオリンピックに向け、最後の大きな大会がワールドカップなので、そこでいかにオリンピックを意識した戦いができるか。これまで出た課題を1人1人が理解して、何をやっていかなければならないか。結果を残すことが一番で、私たちに必要なのは自信だと思うので、自信を得るためにも勝ちたい。日本の強みでもある粘り強さとチームワークを武器に、ワールドカップでメダル獲得を目指します。

◆石井優希選手のプロフィールはこちら
http://www.springs.jp/prof/player/y_ishii.html

◆FIVBワールドカップバレーボール2019 詳細はこちら
https://www.fujitv.co.jp/wcv2019/