トピックス

新鍋 理沙 FIVBワールドカップバレーボール2019直前インタビュー

いよいよ9/14(土)より全国8都市で、
FIVBワールドカップバレーボール2019が開催されます。
久光製薬スプリングスからは、石井選手、新鍋選手、岩坂選手の3名が選出!!!

ワールドカップ直前インタビュー第2弾として、新鍋選手のインタビューコメントをお届けします。

【新鍋 理沙選手 コメント】

オリンピックまでもう1年を切りました。今シーズンもモントルー国際大会や、ネーションズリーグ、さまざまな国際大会を戦い、その都度課題が見つかり今はそれぞれが「世界との差」を考えながら、日々、練習に励んでいます。
私自身としても、足りないことだらけで、多くの反省がありますが、日本代表としてもコンビが合わない、パスが返らないという目に見える反省点に加え、数字には残らない課題も多く、ワールドカップではそれがどれだけクリアできるかというのが大きなテーマです。
特に自分たちのペース、流れで試合を進められている時はいいのですが、悪くなった時にどう立て直すか。「やらなきゃ」と思って何かをしようとしているのは確かですが、それが空回りして、バタバタした結果悪循環になるというのがネーションズリーグでは少なからず見られました。どうしても自分のプレーに集中することでめいっぱいだったのですが、そういう時間が少しでも少なくなるように、コートの中でも積極的に声をかけたりしていかないといけない、と今まで以上に感じています。
自分が生まれ育った国、日本の東京でオリンピックが開催される。これから生きて行くうえできっともう二度とないであろう巡り合わせ。今、こうして挑戦する権利を与えられている以上はやはり大きな目標で、オリンピックに出る12名に残るチャンスをつかめるか。それは自分の頑張り次第だと思っています。もう30歳手前で、体も心もしんどい時はありますが(笑)、今頑張らないとチャンスはない。
まずはそのための大きなチャンスがワールドカップです。去年以上にチームとしても結果が求められるし、世界選手権では目標を達成できなかったので、オリンピックまでの最後の大きな大会であるワールドカップでは結果を残したい。課題も多くありますが、チームとしていいところもいくつも出てきているので、いいところはもっとよくしていけるように、前向きに取り組んでいきます。
ワールドカップでメダルを獲得するために、攻守ともに安定したプレーで勝利に貢献できるよう精いっぱい頑張ります。

◆新鍋 理沙選手のプロフィールはこちら
https://www.springs.jp/prof/player/r_shinnabe.html

◆FIVBワールドカップバレーボール2019 詳細はこちら
https://www.fujitv.co.jp/wcv2019/